アスタレチノVレビュー|乾燥肌の私が使ってみた結果

もうすっかり秋、雑誌の秋冬のメイク特集を読んで、色々挑戦してみようと鏡に向かいました。

「こんなところにシミあったかな?」、「下まぶたのシワシワ・・・、これがちりめんジワ?」
「ほうれい線、こんなに目立ってたかな?」、「肌がくすんでる気が・・・。」

見たくないけど、向き合わなくてはならない現実がうつりこんでいました・・・。
紫外線・冷房・生活習慣、3歳は老けると言われている「夏枯れ肌」だと思いたい。
思いたいんですけど、33歳なので年齢的な問題もあると思わなければいけない・・・。
秋は乾燥する冬にむけて、お肌の準備期間としても大事な時期です。
放置していたら、くすみ・たるみ・カサカサの原因にもなってしまいます。

エイジングケアは、気になる事があったら20代でも油断せずに開始説があります。
個人的には28歳くらいから、本格的なお肌の曲がり角を実感しています。

シミ・シワ・たるみ・くすみ、どうにか解消したいし、食い止めたいですよね。

万全の冬支度とエイジングケアのために、エイジングケアW成分配合カプセル、金入りのキラキラ美容液をお試ししてみました。
今回は大人の肌の悩みに効く美容液、「アスタレチノV」で簡単エイジングケアを実践した感想です。

アスタレチノVの対象年齢は?肌老化の原因、酸化・糖化ケア美容液

対象年齢は特になし、20代の肌トラブルもケア出来る!

「エイジングケア」、この響きで40代くらいの方に向けた商品というイメージを持ちませんか?
実際、私は20代の頃はそう思っていました。
20代の頃は仕事に遊びにと、若さの勢いでどうにかなると思って、睡眠不足になっても何でも楽しむ!を大事にしていました。
睡眠不足やストレスは血行不良の原因になります。20代の頃の潤い不足や顔色が悪くみえる原因は血行不良であることが多いです。
そして、老け顔という言葉があるように「老け肌」というおそろしい物もあるのです。
まだ20代なのに、なんだかお疲れ肌が続いてしまって治らないって方は、「老け肌」を疑ってみると解決のきっかけになるかもしれません。
20代の頃を楽しむだけ楽しんだ結果なのか、33歳の私は冷え性や血行不良がすごいので、寝起きはくちびるの色も顔色も悪くとても不健康そうです。
これはもう、インナーケアもスキンケアも色々変えていかないといけないなと感じています。
40代になるともっと悩みも増えてくると思うのですが、アスタレチノVは40代の悩み第一位の「ほうれい線」などにも効くように作られています。
「いつまでも若々しく、元気な自分でありたい。」、スタートが早いほどトラブルを抑える事が出来るので早すぎるなんてことはないのかもしれませんね。

老け肌の原因、糖化と酸化って?

肌が老化する原因はいろいろありますが、肌の「糖化」「酸化」というのもがあります。

肌の健康を保つコラーゲンが糖化・酸化することで、若くても肌の老化が進みやすくなります。
忙しい現代人はかたよった食事や生活をしている事も多いので、「若いのに老け肌」なんてことも・・・。
年齢にかかわらず要注意なんです。

糖化=シワやシミ、たるみの原因
血液中の余分な糖と体内のタンパク質がくっつくと、AGEという物質が出来ます。
この現象が糖化で、糖化が進む=AGEが増えていくことになります。
このAGE、シワやシミ、たるみなどの肌老化をスピードアップさせるおそろしい物質なんです。
AGEが含まれている食べものをたくさん食べていると、糖化が進むので年齢にかかわらず要注意ってことなんです。
糖質はとりすぎると、肌にもスタイルにも影響があるってことなんですね・・・。

酸化=シミ・シワ・たるみ・くすみ・免疫力の低下の原因
酸化とは、物質と酸素がくっつくことで、呼吸も酸素を吸って二酸化炭素を出すという酸化反応になります。
紫外線、喫煙、大気汚染物質、ストレス、過度な運動などの日常生活でも酸化ダメージを受けている状態なんです。
酸化から肌を守る「抗酸化作用」も働いているので、酸化ストレスが全てダメージになるというわけではありません。
酸化ストレスの蓄積や、加齢によって抗酸化力などが低下してくると、酸化から肌を守るシステムが追いつかなくなり、酸化の悪影響が肌や身体にトラブルとなって現れてしまうんです。
酸化は肌の中のいろいろな細胞や物質にダメージを与えるため、シミ・シワ・たるみ・くすみなど肌の老化が進み、免疫力の低下などさまざまな肌トラブルにもつながってしまいます。

パスタとかお菓子とかも大好きだし、「ストレス?気にしない!大丈夫!」って思っても胃にきたりするタイプなので自信がないです・・・。
糖化も酸化も、生きていくうえで必要な行動に関係しているので、不安な場合は内側からも外側からもケアするのが安心できますね。

アスタレチノVの成分

アスタレチノVは見た目のインパクトもかなりあります。
イクラやポッピングボバみたいな丸いカプセル、インパクト重視ではなく効かせる事を重視した配合と仕組みになっています。

  • レチノール

レチノールはビタミンAの一種で、アンチエイジングに効く成分と言われています。
ビタミンAは不足すると、皮膚や粘膜が弱くなって、肌が荒れやすくなったりしてしまうので美肌に必要なビタミンです。
レチノールは細胞のターンオーバーを促進し、肌のゴワつき・きめを整え、小ジワをなめらかにし、くすみや色むらもケアしてくれる嬉しい効果をもった成分なんです。
うるおいを保つヒアルロン酸の合成も促進されるので、加齢でうすくなりがちな表皮を厚くし、ふっくらとした肌にしてくれます。

レチノールは光や酸化などの影響を受けやすい不安定な成分で、化粧品に配合することが難しかったのですが、最近では製剤技術や外気に触れにくいパッケージ開発などによりレチノール配合化粧品が出てきました。
アスタレチノVは、壊れやすさがネックだったレチノールを肌にしっかり浸透させるためにカプセルで包み込んでいます。
レチノール自体もしっかりカプセルで包んで、さらにイクラみたいなカプセルに入ったWカプセルで肌に届くようにしてあるんですね。

  • アスタキサンチン

アスタキサンチン、化粧品でよく耳にする成分ですが、身近に存在しているカロテノイドの一種です。
鮭やエビやカニが赤い理由がアスタキチンサン、けっこうなじみのある食べ物で摂取出来ます。
アスタキチンサン=アンチエイジング効果があるというのは知っている方も多いと思います。
赤い食べ物には、抗酸化作用があります。抗酸化作用=酸化に抵抗する力と言う事ですね。
老化の原因になる活性酸素を抑制する働きがあり、ビタミンEの約1,000倍の抗酸化力があります。
非常に高い抗酸化作用・抗炎症作用・血流改善作用など、細胞をダメージから守る成分がアスタキサンチンなのです。

  • ツボクサエキス

古くからインドやアフリカを中心に民間療法に使われていた植物で、「若返りのハーブ」と言われているのがツボクサのエキスです。
抗酸化作用、抗炎症作用、糖化抑制、細胞ダメージの抑制による抗シワ・抗老化作用、皮膚細胞の再生促進に効果を期待できます。
あまり聞いた事がないって方も多いかもしれませんが、「21世紀の驚異的薬草」と言われ、重要な薬用植物と世界中の注目を集めた事もあるすごい植物なんです。
「若返りのハーブ」って呼ばれているなんて、効果が期待できそうですよね。

  • ウメ果実エキス

ウメ果実エキスは、タンパク質と糖が反応する糖化をブロック、糖化してしまって作られたAGEsを分解する効果を期待できます。
糖化を防ぐだけではなく、分解してくれるなんてウメって食べてもすごいけど、化粧品にして塗ってもすごいんですね。
明るく弾力のある肌へと導いてくれる、かなり頼もしい成分です。

アスタレチノVの生産地、安全性、副作用、敏感肌や乾燥肌でも使えるか

アスタレチノVの生産地は日本で、製品やサービスの品質保証の国際規格ISO9001取得した工場で製造されています。
毎日使うものを、お客様に安心・安全に使ってほしいという気持ちがこめられています。

安心・安全のために、合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用の無添加処方になっています。
安全性の高い成分のみが配合されてるので、もちろん副作用の危険はありません。

無添加処方なので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます。

アスタレチノVのレビュー

アスタレチノVの使い方は難しくありません。いつものスキンケアに+1です。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. アスタレチノVを1~2プッシュ(カプセルの粒が目立つようなら指でつぶす。)
  4. クリーム等のスキンケアで油分のフタ

くわしい使い方は、アスタレチノVが入っていた箱の中に小さなパンフレットが入っています。

いつも使っているスキンケア用品の美容液のところに、私は1プッシュ使ってみました。
1プッシュでもこれくらいの量があるので、充分な量かなと思いました。

ポンプを通る時にカプセルがはじけて出てくるので、手に取った時には普通の美容液と同じような見た目になります。
カプセルがそのまま出てくるってわけではありません。
普通の美容液に見えるけど、はじけて出てきてすぐ塗る、一番良い状態で使える生搾り美容液なんです。
ストレスは美肌の敵、ということでストレスに効果のあるベルガモットの天然エッセンシャルオイルが配合されています。
ベルガモットは柑橘系なので、苦手な人も少ない香りです。
香りも塗る時にふんわりと感じるくらいで、強すぎることもなく、塗った後しばらくしたら感じなくなるので頭が痛くなるなんてこともありませんでした。

今まで使ってきた化粧品と違うなと感じる点は、キラキラのラメみたいに見えてい「金」が入っていたことです。
軽い肌断食をしていて、好転反応中で角栓がすごいことになってるので、手で申し訳ないのですが塗るとこんな感じです。

ラメくらいの細かさで、光りの加減で金がついているのは解りますが、ビッチリたくさんくっつくわけではないの悪目立ちはしません。
夜は寝るだけだからいいけど、日中はメイクのじゃまになるんじゃないか?と思ったりもしましたが大丈夫でした。
BBクリームとベビーパウダーという薄メイクでも、金がギラギラ光るってことはなく自然に仕上がりました。
ラメやパール入りのパウダーなんかもあるので、それと同じくらいじゃまにならないものと思っていただけると想像しやすいかと思います。
でも、ラメやパールと違うのは、金は肌につけていても害はなく、むしろ美肌効果がある事です。
金の効果は「紫外線から肌を守ってくれる」、「肌にハリを与える」、「皮膚の乾燥を防ぎ、保湿力に優れている」などがあります。
金箔パックは貼ったまま移動する事はむずかしいですが、細かい金で目立たないので、メイクの下でも働いてもらうことも出来ます。

アスタレチノVの価格、定期縛りは?解約方法は?返金保証は?

アスタレチノVの通常価格は¥7,000ですが、初めてアスタレチノVを使う方は定期コースでの注文で、送料無料の初回価格¥1,980で購入する事が出来ます。
このお得な価格はWebからの申し込みのみ適用されるので、ぜひWebからのご注文でお得にお試しください。

返金保証はありませんが、定期コースの購入回数のしばりもないので、肌に合わない場合などは1回で解約する事もできるので安心です。
肌にあって継続したい場合は2回目以降も¥4,900で購入する事が出来るので、使ってみたいと思ったら定期コースでの購入がお得にお試しも出来て、継続する場合もお得になるのでおススメです。

解約方法は、お届け予定日の10日前まで定期コース変更窓口まで電話連絡が必要になります。

使い続けると肌に浸透しやすくなるアスタレチノV

血行不良は老けの原因、アスタレチノVはめぐらす成分を多く含み糖化と酸化に働きかける美容液。
なんだか肌の不調が気になり始めたけど、何を使っていいか解らない方の最初のアンチエイジングアイテムに選ぶのもおススメです。
アスタレチノVは使い続けることでドンドン肌に浸透しやすくなります。
アスタレチノVを塗った後のスキンケアも受け入れやすくなるので、1点投入するだけで、お気に入りのクリームや乳液の力を底上げしてくれそうですね。
気になり始めたお肌に、アンチエイジングに効果のある成分がたっぷりつまったカプセル入りの美容液をお得に試してみましょう♪